I'm planning to visit the heart of Nagano prefecture  - mainly Nagano city and Matsumoto city. These cities  were once the capital of different prefectures and merged into one prefecture later . Nagano City has  been developed as the town of  Zenkō-ji (善光寺)  temple. This developing  city style is called Monzen-machi or 'temple-city' . Monzen-machi is a town around a famous large temple or shrine  that was developed after merchants and manufacturers gathered there to conduct business, targeting workers and visitors of the shrine or temple. Matsumoto City has been developed as the town of castle  called Jhoka-machi or 'castle town'. Jhoka-machi is a town around castle in the Middle Ages that was developed after samurai-warriors, merchants and manufacturers gathered there to conduct politics, and business targeting workers and visitors of the town.
map autumn-2015-00 nojiriko-summer01
Itinerary : Sep. 11(Fri) 6:00 : Leave my home in  Yokohama  and drive  243 kms 10:30: Arrive  at Nagano City and visit  Zenko-ji temple and have lunch 14:30 : Drive 30 kms. if we have a time, we might drop in Nozawa town - famous ski resort. 16:00 : Arrive at the Hotel Harvest Madarao , then walk around the wooden area 18:00:Have dinner and dip in onsen (hot spring bath) Sep.12(Sat) 8:45: Leave the hotel and drive 104 kms 10:30: Arrive at Matumoto City and  visit Matumoto Castle and some famous sightseeing spots 14:00:Leave the city and drive 231 kms 17:30: Arrive at my home in Yokohama  
OLYMPUS DIGITAL CAMERA s-なわて通り6-940x705 sanpo_ph01
These 6 pics above are  from the Internet. ==== The following  are some famous sightseeing spots explanations   in Nagano and Matsumoto from   the Internet Zenkō-ji (善光寺) was built in the 7th century. Nagano City, established in 1897, was originally a town built around the temple. Historically, Zenkō-ji is perhaps most famous for its involvement in the battles between Uesugi Kenshin and Takeda Shingen in the 16th century, when it served as one of Kenshin's bases of operations. Currently, Zenkō-ji is one of the last few remaining pilgrimage sites in Japan. Zenkō-ji was founded before Buddhism in Japan was split into several different sects, so it currently belongs to both the Tendai and Jōdoshū schools of Buddhism, and is co-managed by twenty-five priests from the former school, and fourteen from the latter. The temple enshrines images of the Amida Buddha. According to legend, the image, having caused dispute between two clans, was dumped into a canal. It was later rescued by Yoshimitsu Honda. The temple was thus named "Zenkō," according to the Chinese transliteration of Yoshimitsu's name. Matsumoto Castle (松本城 ) is one of Japan's premier historic castles.[1] The building is also known as the "Crow Castle" (烏城 Karasu-jō) due to its black exterior. It was the seat of the Matsumoto domain. It is located in the city of Matsumoto, in Nagano Prefecture and is within easy reach of Tokyo by road or rail. The castle completed in the late sixteenth century, maintains its original wooden interiors and external stonework. It is listed as a National Treasure of Japan.Matsumoto Castle is a flatland castle (hirajiro) because it is not built on a hilltop or amid rivers, but on a plain. Its complete defences would have included an extensive system of inter-connecting walls, moats, and gatehouses. 重要文化財 旧開智学校 1873(明治6)年に開学した日本で最も古い小学校のひとつ、開智学校の旧校舎。1876(明治9)年に竣工し、1963(昭和38)年まで使用されていた。 設計者は松本出身の大工棟梁・立石清重。日本建築の大工が西洋建築を真似て建造した「擬洋風建築」の代表例として知られ、国の重要文化財に指定されている。 内部は資料館になっており、江戸時代の往来物や明治時代から現代までの教科書など、教育や建築に関連する資料が展示されている。 斑尾高原(まだらおこうげん)は、斑尾山の山麓に位置する高原リゾート地。標高約1,000mに位置する。長野県飯山市と新潟県妙高市にまたがっている。豪雪地帯ならではの豊富な雪を利用したスキー場や、避暑地となる高原の気候を特徴としているが、近年の暖冬の影響で年々雪量が減ってきている。 スキー場、ホテルを中心に長野県道・新潟県道97号飯山斑尾新井線に沿うような形で小規模な飲食店やペンション街が展開している。 野尻湖(のじりこ)は、長野県上水内郡信濃町にある湖。古くは信濃尻湖(しなのじりこ)と呼ばれた。芙蓉湖(ふようこ)とも呼ばれる。ナウマンゾウ化石が出土する湖としても知られており、発掘調査が行われる。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。天然湖で、妙高高原、黒姫高原とともに妙高戸隠連山国立公園に指定されている。 東の斑尾山と西の黒姫山に挟まれた標高654メートルの高原に位置する。面積は4.56平方キロメートルで、長野県の天然湖としては諏訪湖に次いで2番目に大きい。水深は38.5メートルもあり、貯水量では諏訪湖を上回る。湖の水は池尻川を通じて流出し、関川へ合流して日本海に注ぐ。 成因には諸説が存在し、斑尾山の噴出物によってせき止められたという説と、黒姫山の噴火により発生した、池尻川泥流によりせき止められ、その後、湖の西側が隆起したと言う説がある 松本市 有名観光地:松本城(国宝・国の史跡)、上高地 国宝松本城を中心とする旧城下町である。幸いにも戦災を免れた[1]ことから、旧開智学校(重要文化財)などの歴史的建造物が多く残る。他に戦災を免れた中規模の旧城下町としては、金沢市や川越市などがある。 キャッチフレーズは「文化香るアルプスの城下町」、「三ガク都(楽都、岳都、学都の三つのガク都。音楽、山岳、学問で有名なため)」などがある。市のマスコットはアルプちゃん。 日本で最も古い小学校のひとつ開智学校の開校、改正高等学校令に基づく全国9番目の官立旧制高等学校である松本高等学校の招致など、教育に熱心な面があった。国立大学法人が1県1学の県に於いて本部が県庁所在地以外に置かれているのは、信州大学の他は弘前大学(青森県弘前市)・滋賀大学(滋賀県彦根市)・広島大学(広島県東広島市)・琉球大学(沖縄県西原町)のみである。 また、小沢征爾ら一流の音楽家の集うセイジ・オザワ 松本フェスティバルの開催、全国に(一部海外にも)広がるスズキ・メソードや花いっぱい運動の発祥、映画やテレビドラマなどのロケ支援を市が行うなど、文化を尊重する気風は今も健在である。 県庁所在地ではないが、日本銀行松本支店、松本空港、信州大学本部、FM長野本社、陸上自衛隊松本駐屯地などがあり、特に日銀の存在は松本市をして、長野市とともに複眼構造をなすことにより、県の経済の中心に押し上げる役割も持っている。